家庭教師を副業でやったら本業も評価が上がった【副業体験談】

副業体験談

スポンサードリンク






今回は30代の男性会社員ともさんの副業体験を聞いてきました。

どんな副業をしていますか?

家庭教師です。

この副業(家庭教師)のお仕事内容を教えてください。

中学生の自宅に訪問して学習指導をします。
個人契約を仲介するサイトで契約したため、個人契約となり、宿題の進捗をLINEでチェックしたりしていました。

この副業(家庭教師)を始める前のあなたはどんな生活でしたか?

毎朝決まった時間に起きて、定時まで仕事をして土日が休みという生活でした。
よく言えばカレンダー通りであり、勤務内容も難しくなく、生活は落ち着いているのですが、刺激が無い生活でした。
職場も事務系だったため、なおさら「新しいことがしたい」と思っていました。

この副業(家庭教師)を始めたきっかけを教えてください。

刺激の無い会社員生活を過ごしているうちに、このままでいいのかと思いを抱くようになりました。
学生時代に塾講師の経験もあったので、教員採用試験を受けようかと決心しました。
学校教育の現場は日々変化しており、教科書の内容や、学校での指導法の変化など、現場で触れている事で、採用試験にもつながるとも思いました。
また、事務ばかりの会社員生活では味わえない「先生モード」のスイッチを無くさないことが採用試験における「模擬授業」にも活きると考えました。
金銭が主たる目的ではありませんでしたが、結果として自分のプラスになることをして、さらに副収入も得られることで、自由に使えるお金が増えました。

この副業(家庭教師)は成功でしたか?失敗でしたか?

完全に成功だったと思います。
この副業をしたおかげで、自分の目標をはっきりとした形で確認することが出来ました。
また、会社の生活ではお客様と直接接する機会は無かったので仕事を通じて「ありがとう」と言われる感覚を忘れていました。
しかし、副業を通じて、その感覚を思い出すことが出来ました。
また、副業をすることで生活に変化が起き、新たな自分のチャンネルをもつことで、本業にもリフレッシュして臨むことが出来ました。
また個人契約という形態だったため、会社員としてのスケジュールにも全く支障はありませんでした。

この副業(家庭教師)で成功したきっかけを教えてください。

私が担当した生徒さんは中学2年の男の子で、学習が非常に苦手な子でした。
そもそも勉強の仕方が分からなく、小学校高学年からは授業にもついていけなかったそうです。
まずは学習の仕方、そして事前にスケジュールをたて、それを実行していく大切さを説明しました。
細かいスケジューリングなどは学生時代の自分には無かった考え方で、会社に入ってから身に付いたものです。
今までの経験が有機的に繋がっていくことを実感しました。
幸い、テストでの成績も上がり親御さんと生徒さんから「ありがとうございました」と言われたときは本当に嬉しかったのを覚えています。
また、前述のスケジューリングの大切さなど、本業のお陰で知らず知らず自分に身についていた力を副業を通じて実感することも出来ました。
お陰で、本業における人事評価も副業を始める前と、副業を始めた後では、副業を始めた後の方が高評価でした。

この副業(家庭教師)のメリット

まずメリットは、副業によって得られる経験値そのものと、自分の感覚のリフレッシュ(仕事以外で人に必要とされる喜び)を実感できること、そして金銭的なプラスです。
生徒さんのお父さんのボーナスの日に突然臨時ボーナスを頂いたこともありました。

この副業(家庭教師)のデメリット

デメリットはあまりありませんが、プライベートな時間が少々削られることくらいでしょうか。
また家庭教師という性質上、時給の発生しない残業や移動時間なども発生するため、正味の時給換算をすると決して高い報酬を得られるわけではありません。
しかし、時給という発想ではなく、経験が自分にプラスされているということから差し引きでは大きなメリットを得ることが出来たと思っています。

この副業(家庭教師)を始めて人生はどう変わりましたか?

念願だった教員採用試験を現実的な選択肢として、自分の中に目標として維持し続けていられるのはこの副業があったからだと思っています。
また、私は人に「教える」ということがやはり好きなようで、この副業を始めてから本業の勤務時間中もイキイキ仕事が出来るようになったことは間違いありません。
もし、副業を始めていなかったら、会社員として事務的な仕事はどんどん覚えていくのでしょうが、自分の本当にやりたいことに気が付けていたかどうかは甚だ疑問です。
人生にとって、プラスの経験を重ねるためには、自分から新たな分野を開拓する必要があることも再確認出来ました。
労働の対価がお金だけではない事にも気が付かせてくれたと思っています。人としての選択肢と可能性を広げてくれた副業に感謝しています

これからこの副業(家庭教師)を始めたい方へのアドバイス

一昔前は、本業を極めることが美徳とされていましたが、これからは色んな可能性を自分で「同時」に広げていく力が求められるのかなと思っています。
「こっちがダメならこっち」と自分の中にカードがある人が社会で強いのだと思います。
「副業」というと、本業を疎かにしていると思われがちですが、決してそんなことはなく、むしろ本業においても副業で得た経験値は活かされます。
時間は有限ですが、そこで得た経験値は無限に広がります。
もし今の生活に刺激が足りないと思っていたり、新たな可能性を模索したいと思っている方には、是非副業がおススメです。
ただし、単に時給だけを目的に働くのではなく、その副業によって何が得られるのかをしっかりと見極めたうえで、仕事を探すべきととも思います。