副業でネーミングライターを始めたら生活が激変!!当たれば時給1万円以上!

副業体験談

スポンサードリンク






今回は30代のOLゆきさんの副業体験を聞いてきました。

 

どんな副業をしていますか?

ネーミングライター

この副業(ネーミングライター)のお仕事内容を教えてください。

ネーミングライターとは、企業や個人の方がクライアントとなる、キャッチコピーやネーミングについて提案する仕事です。

この副業(ネーミングライター)を始める前のあなたはどんな生活でしたか?

時間はあるし、それなりのセンスを持ち合わせていたものの、どのような分野で活躍すればいいのかわからないまま、惰性で生活していました。
そのため、いつも貧乏暇なしの逆で、時間はあるのにお金はないといった生活を送っていました。

この副業(ネーミングライター)を始めたきっかけを教えてください。

きっかけは、クラウドソーシングサービスのサイトに利用者として登録したことでした。
それまで、自分がそういった仕事を受ける機会もなく、またどうすればいいかも分からないままでいたのですが、素人だろうとキャリアがなかろうと誰でも応募することができたので目から鱗が落ちる思いでした。

この副業(ネーミングライター)は成功でしたか?失敗でしたか?

ずばり成功だったと言えます。
ピンと来たネーミングを提案しておくだけで、あとはコンペ方式によって、クライアント様に選んでいただくことができれば、その時給は10000円を超えてくることもあるからです。

まさに、ひらめきと直感、そしてセンスがためされる仕事でもあるため、選ばれただけでもうれしいですし、自分の名付けたサービスや企業が世界で活躍することになったら、喜びは倍以上となります。
人のために、社会のためになる仕事という意味ではやりがいはひとしおです。

この副業(ネーミングライター)で成功したきっかけを教えてください。

ネーミングライターとして成功したきっかけは、とにかく、時間があり余っているのに、お金がなくて、どうすれば、この時間というものを切り売りすることができるかと思い悩んでいたときでした。
ほかにもう1つ労働をすればいいとは思っていたのですが、やはりどうしても自宅でできたり、自由気ままにお仕事をさせてもらえるフレキシブルなスタイルを望んでいたこともあり、あまり現実的ではなかったのですが、考える時間はいくらでもあるネーミングライターはまさに理想通りの働き方ができました。

この副業(ネーミングライター)のメリット

ネーミングライターのメリットは、とにかく、数多ある応募のなかから選んでもらうことができたときの喜びや達成感、そして報酬の高さが挙げられます。

この副業(ネーミングライター)のデメリット

デメリットとしては、選ばれることがなかったときの報酬は0円となってしまいますので、提案するために要した時間のすべてが無駄になってしまうこともあって、まさに諸刃の剣・ギャンブル的な要素があることが挙げられると思います。
もちろん、選ばれたり採用されることがなくても、参加報酬を獲得することもあるので、結果がわかるまでどきどきです。

この副業(ネーミングライター)を始めて人生はどう変わりましたか?

ネーミングライターとして仕事をはじめてからの私の人生は、とにかく激変しました。
具体的には、いつも身の回りの名称や見聞きしたものに意識を傾けるようになりましたし、流行にも敏感になりました。
とにかく刺激として情報として受けるものすべてに対してアンテナを張り巡らせるようになったこともあってか、物知りであると人に言われることが増えました。
そのことをきっかけに、人付き合いも円滑になったような気がしますし、自分自身も成長できたと思いました。

この副業(ネーミングライター)を始めたい方へのアドバイス

まだまだ知らない人が多いネーミングライターという仕事ですが、ある程度の成果と信頼を獲得することができれば、直々に依頼がくることもあり、その場合ですと、事前の交渉で、確実に報酬を受け取ることもできたりします。
結局のところ、向き不向き、得手不得手といったところを勘案して、自分の能力を最大限生かすことのできるフィールドで勝負していかなければ、この世知辛い世の中を生き抜いていくことはできないのではないかとの実感があります。