サボテンを副業で販売したら収入も人脈も広がった【副業体験談】

副業体験談

スポンサードリンク






30代の自営業男性KIDさんの副業体験談を聞いてきました。
ちょっと知識が必要なジャンルかもしれませんが、
勉強をしてみる価値はアリだなと思いました。
副業がさらに副業を生み出している好循環が発生中です。
これなら奥さんや家族にもどうどうといえる副業です。

どんな副業をしていますか?

多肉植物(サボテン)の販売

この副業(多肉植物の販売)のお仕事内容を教えて下さい。

多肉植物の販売をしています。
サボテンをAmazonで販売しています。
サボテンは非常に強い生命力で楽だなって思ってやりました。

この副業(多肉植物の販売)を始める前のあなたはどんな生活でしたか?

普通に通信会社の会社員でエンジニアをやっておりました。
その収入が月に30万円で、趣味としてアクアリウムと多肉植物を集めていました。
多肉植物が大好きで、私はそれをセールスできないかと感じていました。
独自のルートでセールスしてお金にしていました。

 

この副業(多肉植物の販売)を始めたきっかけを教えてください。

エンジニアのお金では大きく稼ぐことはできないと思い、仮想通貨の投資をしました。
それで大きく儲けることができて、それをさらに儲ける為に、趣味を通じて多肉植物、サボテンをセールスすることを思いつきました。

また、何度も購入しているので、仕入れ先と顔馴染みになって格安で仕入れができました。
また途中から個人事業主として登記して、私のビジネスの一つとしてます。

この副業(多肉植物の販売)は成功でしたか?失敗でしたか?

かなりの成功を納めました。
私は独自のルートで日持ちのするサボテンを多く仕入れました。
そしてコンピュータサイエンスと経営学を専攻していたのでパソコンやインターネットの知識、経営の知識があったので、それを活用してAmazonで販売して成功しました。

損益分岐点は4ヶ月後くらいで儲けが出ました。
初めのうちは友人に買ってもらってました。
それも同情で、その上で自分の多肉植物のショップを口コミで拡大していただきました。
そして4ヶ月後には海外からも受注が入るようになりました。
かなりの利益が出て、今でも運営しております。
今後は独自のホームページでも売ろうかと考えております。
それとAmazonへのコミッション料金をどう抑えるか考えております。

この副業(多肉植物の販売)で成功したきっかけを教えてください。

多数の友人の口コミとtwitterのレビューできっかけで成功したんだと思います。
それと独自のルートで仕入れて、もちろん数多く入手して、より合わせというデザインなどをして、技術を使い、ルート先で作っていただきます。
利益率は15%以上ありました。
まあ大量に入手してかなりのコストダウンをしていただいてます。
また、ルート先の紹介もたくさんしております。
そのおかげで成功できたと思います。
今の時代、SNSサービスのインスタグラムには助けられました。

この副業(多肉植物の販売)のメリット、デメリット

デメリットとしては在庫の確保と、カスタマイズに関してのデザイニングに関してはこちらのいう通りにルート先でやっていただく必要があるので、そこで時間がかかります。
その時間だけがデメリットでした。
それをどうするかに関しては、事前にまともなお客様、友人限定でやっておりました。
その場合はコネクションですごい金持ちが多かった為、デメリットでありメリットでもありました。
より合わせは本当に難しくて、こちらもデザイニングは大変です。

この副業(多肉植物の販売)を始めて人生はどう変わりましたか?

副業と投資をしたおかげで人生の可能性が拡がりました。
なんといっても収入よりも顔が広くなったことです。
サボテンを入手するときの仲介者、例えばサボテンの独自ルートで、「エンジニアを紹介してほしい」と頼まれた場合は、私がCGのデザイナーを雇って素敵なデザインを作ってあげて、それで十分にお金が入ってくるようになりました。

また、その稼いだお金で世界のサボテンを見に行ったり、多肉植物の事を勉強することができました。
「こうやって作るんだ」って気持ちがよかったです。

これからこの副業(多肉植物の販売)を始めたい方へのアドバイス

どんなことも知見です。考えるだけでは意味がないです。
知識だけでは意味がないです。
麻薬ではないですがまずは友人に無料であげる。
そこからSNSで宣伝していただいたり、金持ちの友人のお店に置いていただいたりしてお金を稼いでいます。

今でもシステム化して効率的にやろうと思えば稼げますが、それでは意味がない。
好きなことなので最初は利益度外視してやったいたら、なぜかもっと儲かりました。
本当に嬉しかったです。

デザイニングすること。それが僕らができるスペシャルスキルです。