主婦がクラウドソーシングを副業ではじめたことで社会とのつながりを実感、幸せのスパイラルへ【副業体験談】

副業体験談

スポンサードリンク






今回は40代の専業主婦M.Yさんの副業体験談を聞いてきました。
会社を辞め専業主婦となって家事と育児に追われている間に、社会とのつながりがなくなってしまったように感じている主婦の方は少なくありません。
それがインターネットの発達で在宅で小さな仕事を簡単にはじめられるようになったことで、それがきっかけで社会とのつながりがまた出来始めます。
そしてどんどん良いスパイラルに入っていきます。
そんなM.Yさんの体験談をどうぞ!

どんな副業をしていますか?

クラウドソーシング

この副業(クラウドソーシング)のお仕事内容を教えてください。

ネットワーク上で募集されている仕事に対し、自分ができることを行い、報酬をいただく仕事です。
仕事内容や報酬は様々ですが、明記されているので自分が得意とする分野で行うことができます。

 

この副業(クラウドソーシング)を始める前のあなたはどんな生活でしたか?

妊娠・出産を機にそれまで勤めていた会社を辞め、専業主婦として家事・育児だけの生活でした。
最初の頃こそ育児にかかりっきりでしたが、子供が少しずつ大きくなるにつれ仕事がしたいと思うようになりました。
しかし、保育園に入れず、頼れる身内も近くにいなかったので、自宅で育児をしながらできる仕事はないだろうかと悩んでいました。

この副業(クラウドソーシング)を始めたきっかけを教えてください。

とりあえず何かできる仕事はないだろうかとインターネットで検索してみたところ、クラウドソーシングという仕事の形態があるということを知りました。
これなら、できることを選べるし、日によって空く時間がまちまちな自分でもできるかもしれないと考えました。

この副業(クラウドソーシング)は成功でしたか?失敗でしたか?

成功でした。
私はタスク形式の案件しか行っていませんが、特に何の取柄もない自分でも、これまでの経験や知識を活かしてできることがあるのだと嬉しく思い、また、会社を辞めてから社会との関りがなくなってしまったように感じて寂しかった気持ちも薄れていきました。
それまでは家庭のことだけで精一杯と思っていたのですが、少し空いた時間に集中して頑張ろうと思うと、意外に時間を効率的に使うことを考えるようになり、逆に生活にメリハリができたように思います。

この副業(クラウドソーシング)で成功したきっかけを教えてください。

自分なりに決めたルールを守るようにしました。
私の場合、「やること(家事・育児)はしっかりやる」「無理せず丁寧にやる」「目標を立ててやる」というルールを決めました。
子供が昼寝をしている間に、と思っても途中で起きてしまって作業が中断されることもあります。
続けてやりたい気持ちがあっても、他のことに気が散ってしまうと自分はうまくできないので、そういう時は思い切って一旦作業を終了しています。
また、自分なりの目標は金額・資格取得・できるようになりたいことなどなんでもいいので立てるとモチベーションが高まります。

この副業(クラウドソーシング)のメリット

メリットは仕事をする時間・する内容を自分で選べることです。
主婦(夫)の方はもちろん、働いている方でも空いている時間に仕事をすることができます。

この副業(クラウドソーシング)のデメリット

デメリットはインターネット環境がないとできない仕事だということです。
デメリットではありませんが、仕事を行ってもクライアントが望んでいるものでなければ承認されないので報酬はありません。
また、簡単な仕事は相応に報酬が低いので、たくさん収入を得たい場合は地道に重ねていくか、高報酬な仕事ができるスキルを身に着けていくことが必要です。

この副業(クラウドソーシング)を始めて人生はどう変わりましたか?

それまで子供に合わせて自分も毎日のんびり暮らすだけでしたが、時間の使い方を意識して生活するようになって以前より日々の生活にハリが出たと思います。
それから、自分の知識を増やす一環として何気ない日常の出来事も観察したり、分からないことがあれば調べるようになりました。
新しい発見や気づきがあるととても嬉しい・楽しい気持ちになります。
自分が元気だと、家族も自然と笑顔になってくれて、良いスパイラルになっていると思います。

この副業(クラウドソーシング)を始めたい方へのアドバイス

この副業を始めるまでは、クラウドソーシングについて全く無知だった自分でも、やっていくうちに少しずつ自分に合ったやり方を見つけることができて、今も無理しすぎることなく続けることができています。
私の場合、高額な収入を得ることはありませんが、子供と一緒に過ごしながらできて、社会との関りを持たせてくれるこの仕事は本当にありがたいです。
今後は、自分でやりたい仕事内容ができるように経験を積み重ね、資格などにもチャレンジしていきたいと思っています。