覆面調査(ミステリーショッパー)を副業でするなら調査会社の人とじっくり話してから始めよう!

副業体験談

スポンサードリンク






今回は40代の自営業男性Gさんの副業体験談を聞いてきました。

どんな副業をしていますか?

覆面調査(ミステリーショッパー)です。

覆面調査(ミステリーショッパー)ってどんなお仕事ですか?

覆面調査はミステリーショッパーとも呼ばれています。
ファーストフードから服飾 ガソリンスタンドなどのさまざまな店舗に客の体(てい)にて来店
目的(手順書)にそう質問をしてその対応を調べる人のことです。
店員にはもちろん内緒です。

この副業を始める前はどんな生活をしていましたか?

本業が工場勤務だったので、見てる範囲もその関連のみで視野、興味の幅も狭かったと思います。

この副業を始めたきっかけを教えてください。

当時勤めていた会社が、業績不振で出勤日数もまばらになり空き時間を収入に得たかったからです。

この副業は成功でしたか?失敗でしたか?

日本の会社と契約している時は成功でした。
(これはまだ一つの案件に対し予算が潤沢にあった頃の話。今はそんなことはない)

後にひょんなきっかけで外資系の会社と接点を持ってしまった所からは失敗でした。

「外資スゴイ!!」からの転落とは?

契約先(日本の会社)が親会社の不祥事で事業整理になり、
その連絡があった際の電話で「海外の会社と組んでみたら?」と教わり登録してみたところ、
当初何案件かは「外資スゴイ!!」という報酬でした。

しかしそれも最初の数件だけで、私は担当者のお気に入りになれなかったので、
私の他の商いを辞めざるを得ないほどの業務をもちこみ、
その上で本来報酬として請求できる部分も削り買い叩かれ続けられたんです。(担当者のお気に入りの不始末を始末する担当に。。。)

結局、数年赤字のまま受注も止められないところまで追い詰められてしまいました。

覆面調査(ミステリーショッパー)を副業でやるメリット

文章を書くことに抵抗が無いことと、好奇心旺盛か流行りモノ好きでコスト感覚に厳しいなら、やりくり次第では意外と良いお小遣いになるかもしれません。

覆面調査(ミステリーショッパー)を副業でやるデメリット

会社によりますが、現場で動く人をモノ 人の言葉のわかる獣扱いする会社もあり運悪くそんな処に当たるともれなく人間不信になれます

覆面調査(ミステリーショッパー)を副業でやってみて人生はどう変わりましたか?

日本の会社と組んでる時はとても面白かったです。
従事してなきゃそう簡単に話をすることのない人とも話が出来たりそんな方々と面識が生まれたり
視野、興味の幅が拡がりました。
海外の会社と組んでからは電話の音に怯え人間不信になりました。

覆面調査(ミステリーショッパー)を副業でやりたい方へのアドバイス

もしやってみようと思う方が居たら、やるなとはいいません。
ただネットで体験談などを探して読んでもいいですが、ネットの評判も半分くらいに考えて、覆面調査の会社とじっくり話ししてみることを勧めます。
それから登録でも遅くありません。
複数登録もよくある話です。
ここアカンと思ったらさっさと削除するくらいで挑戦してみてください。